22d1510ed7342ce3

【架空案件】スキンケアに関するSEOライティング

OVERVIEW

20代〜30代女性をターゲットにしたコスメサイトの、SEO記事です。「日焼け後のアフターケア」をテーマに執筆しました。

YEAR 2022


うっかり日焼けしちゃった…日焼け後の症状別アフターケアをご紹介


紫外線が強い季節、うっかり日焼け対策を忘れてしまうことってありますよね。おうちに帰ってみると、日焼け後の症状が思ったよりもひどくてショック……なんてことも。


しっかりアフターケアをして、なるべく痕に残らないような対処をしたいものです。

この記事では日焼け後のアフターケアについて、症状のレベル別にご紹介します。


レベル1:赤い日焼け



春〜夏にかけて長時間屋外にいたあと、おうちに帰ってみるとびっくり!「肌が赤くなって、熱を持っている……」ということってありますよね。「早くなんとかしなきゃ!でもどうすればいいかわからない……」という人も多いのではないでしょうか。


赤い日焼けは、「サンバーン」と言われる炎症で、いわゆる「やけど」の状態です。肌が熱いものに触れたときのようなダメージを受けているようなイメージですね。


赤い日焼けに適したアフターケアは?



赤い日焼けは「やけど」と似た状況なので、それに適したアフターケアが必要となります。

みなさんやけどをしたときは、まずその場所をお水や氷で冷やしますよね。赤い日焼けのアフターケアも、日焼けした場所を冷やすことから行っていきます。

  • 保冷剤などでしっかり冷やして炎症を抑える
  • 冷やしたあとは、たっぷり保湿する
  • 栄養バランスの取れた食事を摂る
  • 質のよい睡眠を心掛ける



赤い日焼けにNGなアフターケア



赤い日焼けは、肌が「やけど」と似たようなダメージを受けているということ。ダメージを受けた肌にはNGなアフターケアもあります。


  • 化粧水を叩き込むようなパッティング
  • マッサージ


このふたつは、日常的な習慣にしている人も多いのではないでしょうか?

普段美容のために行っている上記の行動も、ダメージを受けて敏感な肌には、刺激となってしまいます。


赤い日焼けのアフターケアの際は、優しく肌に触れることを心がけてくださいね🤍


レベル2:痛い日焼け


「日焼けをして少し経つと、ヒリヒリしてきた……」ということは誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。服が擦れるだけでも痛く、一気にテンションが下がってしまいますよね。うっかり日焼け対策を忘れた数時間前の自分を恨みたくなってしまいます。


できれば経験したくない痛い日焼けですが、起こってしまったときは素早いアフターケアが必要となります。


痛い日焼けに適したアフターケアは?


痛い日焼けは、肌がダメージを受け、肌が本来持つバリア機能が低下している状態です。どうしても我慢できないときは病院に行く必要がありますが、まずは自宅でできるアフターケアをご紹介します。


  • 氷や冷水で冷やして炎症を抑える
  • そのあとは、たっぷり保湿する


また、肌のダメージを回復するために栄養バランスの取れた食事や、質のよい睡眠を心がけることもとても重要です。


ただ痛い日焼けはどうしても日常生活に支障をきたしてしまいがち。症状がひどいときは病院へ行くことも検討してみてくださいね。


痛い日焼けにNGなアフターケア



痛い日焼けは、肌がダメージを受け、バリア機能が低下している状況です。焦ってたくさんケアをしたくなりますが、下記のケアは、肌に刺激を与えてしまいます。日焼けのあとは避けるようにしてくださいね。

  • パッティング
  • マッサージ

これらのケアはなるべく避けて、優しいお手入れを心がけましょう。



レベル3:皮むけ日焼け


「日焼けをしてから日数が経つと、薄い皮がめくれてきた!なんだか痒いし、見た目も綺麗じゃない……」。そう思ってお悩みの方もいるのではないでしょうか?


皮むけ日焼けは、肌が紫外線でダメージを受けた後に、ターンオーバーをしているときに起こります。肌は通常、1ヶ月〜2ヶ月程度で生まれ変わると言われています。しかし日焼けで大きなダメージを受けたあとはその周期が乱れてしまうことも。


適切なアフターケアで、早く綺麗な肌を取り戻したいですね🤍


皮むけ日焼けに適したアフターケアは?



皮むけ日焼けが起こるときは肌がダメージから回復しようと、すでにターンオーバーを始めています。そんな肌の働きを助けるようなアフターケアがおすすめです。

  • 保湿を心がける
  • 栄養のある食事を摂る
  • 質のよい睡眠を取る


あまり体に負担をかけず、いたわることを心がけたいですね🤍


皮むけ日焼けにNGなアフターケア


皮むけ日焼けが顔などに起きた場合は、メイクの幅も制限されてしまいますよね。ついついはがしたくなってしまう方も多いのではないでしょうか?


しかし、はがれかけの皮膚を無理矢理はがしたり、ピーリングを行ったりするのはNGです。


はがれた皮膚の下にある、新しい皮膚はまだ完成していないこともあり、新たなトラブルの元になってしまう可能性があります。せっかくできた、新しい肌を守るためにも注意してくださいね。


レベル4:ぶつぶつができた日焼け


日焼けをしたあと、赤みやかゆみが出るのは、よく耳にしますよね。そんな中、日焼けした場所にぶつぶつができることがあります。メジャーな症状ではないので、アフターケアの方法がわからず困惑している人もいらっしゃるのではないでしょうか。


ぶつぶつができた日焼けに適したアフターケアは?


ぶつぶつができてしまった日焼けには、ほかの日焼けと同様に冷やして保湿することが応急措置となります。


ただ、ぶつぶつができた日焼けは、光線過敏症という病気の可能性もあるそうです。いつも使っている化粧品がぶつぶつには合わないこともあるので、早めに病院に行くことをおすすめします。


皮むけ日焼けにNGなアフターケア


ぶつぶつができた日焼けは、かゆみを伴うことがあります。でも、かいたりするのはNGです。また、ぶつぶつをとるためのスクラブなども、更なるダメージとなる可能性があるため、避けたいですね。

なるべく刺激を与えず、栄養をしっかり摂って肌をいたわるようにしましょう🤍医師への相談も検討してみてくださいね。


日焼けのケアにおすすめの3アイテムをご紹介


おすすめ①:全身に使える!ほてりを静めるアフターケアローション

商品名:大正製薬 コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル 140g

値段:1100円(税込)

おすすめ理由:日焼け後の肌は冷やして熱を取ることが第一!こちらのアフターサンジェルは、ほてりを取る効果が期待できるアロエを配合しており、さらっと使いごごちがよいジェルです。また、肌を冷やす効果と同時に保湿もしてくれるのが嬉しいですね。

Amazonリンク:https://www.amazon.co.jp/コパトーン-アフターサン-オイルフリー-ジェル-140g/dp/B00BP2Z5MA/ref=sr_1_12?crid=BTFY5E5637WB&keywords=コパトーン&qid=1647496349&sprefix=こぱとーん%2Caps%2C167&sr=8-12


おすすめ②:敏感肌の御用達!アベンヌウォーター

商品名:アベンヌ アベンヌウォーター 300ml 

値段:1580円(税込)

おすすめ理由:日焼け後の肌はダメージを受けているので、普段より敏感になりがち。余計な刺激を与えずしっかり保湿したいですよね。この商品は無香料、ノンアルコール、防腐剤無添加なので、敏感肌さんに大人気。日焼け後の敏感な肌にも安心して使えますね。

Amazonリンク:https://www.amazon.co.jp/【アベンヌ】-アベンヌ-ウオーター-300ml-並行輸入品/dp/B00E67CSBM/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=カタカナ&crid=2MYKA5M8UUOJO&keywords=アベンヌウォーター&qid=1647496412&sprefix=アベンヌウォーター%2Caps%2C171&sr=8-4


おすすめ③:国民的保湿クリーム、ニベア青缶

商品名:ニベア クリーム 大缶 169gl 

値段:436円(税込)

おすすめ理由:言わずと知れた国民的クリーム、ニベア。こってりしたクリームがしっかり保湿してくれるので、ダメージを受けた日焼け後の肌におすすめです。手頃なお値段も嬉しいですね!すでにおうちにひとつ、ある方も多いのでは?

Amazonリンク:https://www.amazon.co.jp/ニベア-4901301008480-クリーム-大缶-169g/dp/B000FQMT8K/ref=sr_1_5_mod_primary_new?__mk_ja_JP=カタカナ&crid=1Q1VYANVWPTTZ&keywords=ニベア&qid=1647496494&sbo=RZvfv%2F%2FHxDF%2BO5021pAnSA%3D%3D&sprefix=ニベア%2Caps%2C259&sr=8-5&th=1



日焼け後のアフターケアで、早く元通りの肌に🤍


今回は日焼け後のアフターケアを症状ごとに紹介しました。ぜひ今回の内容を参考にして、しっかり日焼けのアフターケアを行ってくださいね。


日焼け後のアフターケアまとめ


日焼けは皮膚が「やけど」している状態です。まずは氷や冷水で冷やした後に、しっかりと保湿を心がけてくださいね。


肌がダメージを受けている状態なので、化粧水のパッティング、マッサージ、スクラブなどはNG。肌をいたわることを心がけましょう🤍


栄養バランスの取れた食事や、質のよい睡眠で内側からアプローチすることも大切です。ぜひ普段よりも自分に優しく過ごしてみてはいかがでしょうか。


また、症状がひどいときは病院に行って医師に相談することも大切です。特に、ぶつぶつや痛みがおさまらない!などのトラブルの際には、早めの受診をおすすめします。


また日焼けする場所に行くときは、トラブルを避ける事前の対策も重要です。おすすめの日焼け止めや使い方を下記の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。