624f99e4c343cfb7

ヒデンノレシピ【cookpad株式会社 1weekインターンシップ】

OVERVIEW

テーマは「一人暮らしの料理を楽しくするサービス」です。エンジニアとタッグを組んで、要件定義から実装までを連携して行いました。

YEAR 2018


「ヒデンノレシピ」は、モバイル専用のWebアプリです。
下記のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

モバイルからご覧の方はこちらからどうぞ。


担当箇所


UXリサーチ/デザイン・UIデザイン・ロゴデザイン・イラスト


制作時期


2018年9月


課題感


●できれば新しい料理にチャレンジしたい
●自炊することでの充足感を共有したい


🧐課題発見までのプロセス

一人暮らしで料理をする上で困っていることはないかどうか、一人暮らしの男性10人にユーザーインタビューを行ったところ、

🙍🏻‍♂️<一人で料理を作ると、同じレパートリーで回してしまう…
🙍🏻‍♂️<マンネリ化してしまう…


こんな意見がありました。


この意見から、さらにユーザーインタビューで課題感を深掘りしていきました。


🙍🏻‍♂️<同じレパートリーで回してしまう
🙍🏻‍♂️<マンネリ化してしまう

   Why? ⬇︎ 原因の深掘り


🙍🏻‍♂️<考えるのがめんどくさい
🙍🏻‍♂️<一人だと失敗した時にテンションが下がる
🙍🏻‍♂️<新しい料理にチャレンジしても、他に共有できる相手がいない


      So? ⬇︎ 課題の抽出


課題1:できれば新しい料理にチャレンジしたい
課題2:自炊することでの充足感を、だれかと共有したい


解決策


「あえてレシピを隠して、みんなでレシピを想像しながら作って楽しむ」


ユーザーインタビューから、こんな意見も聞くことができました。


🙍🏻‍♂️<誰かの家で集まって、友達と料理をするのは楽しい

つまり、

ということです。


そのため、
「みんなで集まる」というのを解決策のキーポイントにしました。


仮説の検証


📝価値仮説シート


📝実際にサービスを体験して検証(アクティングアウト)


◾️出てきた問題点

・お題の料理に対して、何をしたら良いか全く想像がつかない。
「ヒント」ボタンの設置


・「お題を確認するだけ」で終わってしまうユーザーが出てくる
→制限時間の設定


UIデザイン


アプリ名の考案

💡hidden(=隠された)レシピ


ロゴデザイン

使用フォント:フジヤ


世界観の構築

全体を通して暖色を用い、食欲とチャレンジ欲を掻き立てています。
大人数で、楽しく賑やかにアプリを楽しめるようなデザインにしました。


イラスト

変にフリー素材を使って世界観を崩さないために、全て自分で描きました。


エンジニアとの協働

UIコンポーネントを用いて、ボタンなどのパーツを事前に共有して進めることで、実装の時間が少ない中でもスムーズに連携して進めることができました。