Fcaaea0acecb7484

バナーデザイン|株式会社トルビ様

OVERVIEW

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとし、関門海峡エリアの情報を発信するかんもんノート様のトップバナーを制作しました。

YEAR 2018


Design Goal

今回は関門海峡エリアの情報を発信する地域メディアのトップバナーの制作を行いました。

希望されるゴールとして

  • 地域に密着した、正確な情報が掲載されていそう、読んだら面白そうと思ってもらう
  • なるべく早い段階で月間10万PVまで持っていきたい

というご要望をいただきました。

そこで、今回は地域の情報サイトとしての信頼感とはじめてサイトを訪問する方にも覚えてもらえるようなインパクトを与えられるよう「信頼感とインパクト」を重視し、トップバナーを制作しました。


Banner Design

全体の雰囲気は「かんもんノート」のロゴから感じるやさしい雰囲気に仕上げました。

キャッチコピーはそのまま使用せず「新しい発見をかんもん海峡で」という語りかけるようなメッセージにし、サイトを訪問した方に寄り添うようクライアントと相談しながら決定しました。

デザインは極力シンプルにとのご要望でしたので、引き算のデザインを意識し「どんな人でも迎えてくれる、それが関門海峡」というメッセージを込め制作。手書きの文字で親しみや柔らかさを強調しました。


写真については特に気を使い、関門海峡の良さを最大限お伝えするために、まずどの写真をメインビジュアルとするかの選出を入念に行いました。また、海の色や雲、空の雰囲気はレタッチを行い、より魅力的かつインパクトが出るよう工夫しています。


Design Point

「何度も渡りたい」というコピーは制作する中で、実際に利用するユーザーの立場になって考えているうちに出てきたワードでした。はじめてみるユーザーにも受け入れてもらえるよう、柔らかい表現やタッチを模索しました。


Trial production

使用しなかったボツ案はこんな感じでした。
この案を活かしながら最終案に仕上がりました。


わたしも同じワードプレステーマでサイトを運営していますが、トップバナーによって印象が大きく変わることを改めて学ばせていただきました。爽やかでうつくしい関門海峡の魅力が溢れるトップバナーに仕上がったのではないかと思います。


Twitter


Performance

■ 制作期間:約7〜10日
■ 制作プラン:バナー(1000px〜)- Banner Design | 価格表


Credit

Site:かんもんノート
Twitter(沖野様):@mitsukazuokino


WEBSITE